借りる前に!即日ローンナビ

 機嫌の利益の喪失という、民法137条に記されているのは、どういうことなのでしょうか。
まず、民法136条で決められている「期限の利益」というものがありますが、これは、期限の到来までは、債務の履行をしなくてもよい、ということで、返済側の利益のことを言います。
それで、期限の利益の喪失とは、債権者の期限の利益を喪失させることで、期限がくる前であっても、債務の履行を請求できるという仕組みになっています。

 ローン契約と期限の利益のしくみがこれに該当し、ローンの支払い日を約束した場合、その日が支払い期限ということになります。
この期限までは、毎月決まった額の支払いをしてれば問題なく、期限がくるまで返済の必要がないそうです。
これによって、債権者に有利なシステムであることが、歴然としており、期限の利益は債務者側にあるということになります。

 ただし、債権者が破産してしまったり、差し押さえにあったりする場合は、貸している側の債権者は、お金を回収できなくなってしまうので、とりっぱぐれてしまう可能性もあります。
これを防止するために、こうした自体に備えて、債務者の期限の利益を執行させ、一括で残金を払ってもらうこと、という条文が入っているそうです。
これに大して、期限喪失の代位弁済という仕組みもあり、競売の申し立てなどが、期限利益喪失後に行われることもあります。